田口和裕の個人ブログ

2004年06月18日

観戦計画

アメリカ一人旅をしたのは去年の5月
帰国後大リーグに興味を持つようになり、一年間はまってきた
ということでどうしても現地で試合を見たくなり今年もアメリカ行くことにした。

今回のアメリカ旅行のメイン目的は大リーグ観戦
そしてロジャー・クレメンスを見ることである

ロジャー・クレメンスは去年ヤンキースで通算300勝を達成した現役最高の投手だ
去年限りで引退を表明していたが、今オフ、発言を翻してヒューストン・アストロズで現役続行することになった。
それが開幕9連勝。先日惜しくも負けたがそれでもなおリーグ最高勝利数、防御率も3位と絶好調だ。

ということで今回の観戦予定は

6/21~6/24、テキサス州ヒューストンで
ヒューストンアストロズ VS ピッツバーグパイレーツ

ローテーション通りにいけば6/24にクレメンスが登板するはずだ
お願いだ、ローテーション崩れないでくれ・・・・

そして
6/25~6/27 ミシガン州デトロイトで
デトロイトタイガース VS アリゾナダイアモンドバックス

先ごろ完全試合を達成したアリゾナのランディー・ジョンソンがローテーション通りに行けば6/25に登板予定だ

ということで野球三昧の10日間を過ごしてくるつもりだ

旅行の手配

今回の旅行だが本来はGW明けの5月10日ごろ出発の予定だった
ところが書籍の執筆が予定通り伸びて結局この時期になってしまった。
ご存知の方もいらっしゃると思うがアメリカへの航空券は夏に近づくにつれどんどんどんどん上がっていく。
野球のシーズンは4月から10月
チケット料金が下がり始めるのは10月以降なので、早く行けば行くほどお得、ということになっている。
結局なんとか出発できる見通しがついたのが6月上旬。そして打ち合わせのついでにHISへ寄って6月下旬のチケット料金を検索してみたところ、、、なんと18万円超!
これはいくらなんでも高すぎる。相場的には10万を切るぐらいのはずだ、、窓口のお姉さんによると、とにかく売れに売れていてチケット自体が品薄で高い席しか残っていないとのこと。
いくらなんでも高すぎだ。この時点でいったんあきらめた。

ところがその3日後くらい、新聞の折込でJTBの格安航空券ショップで10枚限りLA往復39800円ってのがのってた。
ダメ元で新宿の店舗にかけつける。
予想通りチケットはすでに完売していたが、そこのお兄さんに調べてもらって、6/20発6/29着に限ればなんとかデルタ航空のチケットを押さえられるとのこと。
2都市周遊で\103,000。
想定していた額よりは高いがヒューストン+もう一都市行ける事を考えればまあなんとか許容範囲だ
とりあえず押さえてもらい、野球のスケジュールを店舗内のPCで検索
ヒューストンでの4日は決定なのだがその後の3日間をどうするか悩む
ひたすらアストロズを追いかけ続けるのであれば、そのあとダラスに移動してテキサスレンジャーズ戦に行くこととなる。しかしせっかく2都市周遊、ということであれば他のチームも見たい
ということで6/25~27のカードをしらみつぶしにさがす
ただしデルタ航空は東海岸メインの航空会社のため西海岸の都市は選べないとのこと

最終的に候補に残ったのは
デトロイトでアリゾナ戦
シンシナティでピッツバーグ戦
ミネソタでミルウォーキー戦
ボルティモアでアトランタ戦
ボストンでフィラデルフィア戦
クリーブランドでコロラド戦
タンパベイでフロリダ戦
カンザスシティーでセントルイス戦
シカゴでカブスVSホワイトソックス戦
そしてニューヨークでヤンキースVSメッツ戦だ

インターリーグ(アメリカンリーグとナショナルリーグの交流戦、つまりセ・パのチームが戦うかんじ)まっさかりということもありいずれも魅力的なカードだ
やはりメトロシリーズと呼ばれるニューヨークが一番見たかったが、ネットでチケット情報を見たところ当然ソールドアウト。オークションも見たがどれもとんでもない値段。ということであきらめ
同じ理由でシカゴとボストンも無理。
あとカンザスシティーはデルタの便が無いということで除外
それ以外のカードで30分以上悩む

結局デトロイトにしたのだが理由は
ランディー・ジョンソンが見えるかもしれない、イヴァン・ロドリゲスが見たい、というのももちろんだが、デトロイトの街自体行きたかったというのが大きい
最近はエミネムで有名だがデトロイトテクノでありデトロイトロックシティーでありモータウン発祥の地である。
音楽以外にも当然自動車の街。自動車関係の博物館は多そうだ。
そしてなによりも一番の理由としては、カジノがある、、、、
そうミシガン州はカジノが解禁されているのだ
ほんとはヒューストンの後ラスベガスに行くつもりだったのだが、便が無いということであきらめてた、ところがデトロイトに行けばカジノもあるし野球も見れる。さらによい選択であったのでは、、、、、

ということでJTBトラベルデザイナー新宿にてエアーチケット及びヒューストンの初日のホテルのみ予約
ちなみにこの店、PCが使い放題なうえに従業員の対応も非常によろしく気に入った。
次回からもHISではなくここを使いたいと思った

で、そのあと家に帰ってさらにいろいろネットで調べまくり
とりあえず野球のチケットはすべてオンラインで予約
せっかくだからと、ほとんどの日をバックネット裏でおさえてしまう。外野も3日ぶんとったがちょっと調子乗りすぎたかも
ホテルも球場近くによさげなところを見つけたので予約
今回は日程も短いのでモーテルとか激安宿を見つける時間がもったいないと思って、すべて宿は予約した。

ということですでに総額20万を超えてしまったわけだがまあしょうがない。3ヶ月間ほとんど遊びにも行ってないので自分にごほうび!

もちろん今回もチンコパッド持ってくのでリアルタイムでこのページは更新されます。
アメリカでやってきて欲しいこと、買ってきて欲しいものあったらコメントお願いします。

ああ、楽しみー

2004年06月20日

明日出発

さていよいよ明日(今日)出発だ。
11時に家を出て15:30のデルタ航空でヒューストンへ向かう
前回行ったときもそうだったけど、前日は緊張して眠れない
緊張というか、怖いね、やっぱり飛行機が
落ちるかもしんないしハイジャックに会うかもしんない
可能性としては交通事故より低いけどでも飛行機に乗らなければ落ちることはない
うーん
まあでも乗っちゃうともう忘れちゃうんだけどね

荷造りも終わった
基本的にむこうで買える物はもってかない
どうせ荷物は増えるのだからもってくのはなるべくすくないほうがいい
パンツと靴下3枚、チンコパッド、長袖の上着、DVカメラ、デジカメ、文庫2冊、ゲームボーイ、パスポート、バウチャー類、ホテルなどの資料のプリントアウト、そして「はてな本」ゲラのプリントアウト
以上だ

ということでこの日記、問題なければ次回更新はヒューストンに着く日本時間月曜日の午前中、ホテルから、ということになる
基本的に毎日更新するのでコメントよろしくね

一人旅にコメントは沁みるのです

2004年06月21日

とりあえず

現在ヒューストンのスタバ
詳細はのちほど

2004年06月22日

出発


では二回目のアメリカ一人旅初日レポートです


5/20、成田空港を15:30に無事離陸。いつも大韓航空なので初めて乗るデルタ航空のエコノミークラスはかなり椅子がいい。
ゲームボーイは疲れるので早々にしまいキングの「スタンドバイミー」を読む。
機内食はまあまあうまい。

一回目が魚

2回目はカレー
前の席に赤ん坊がいてうるさいが、それでも結構寝れた。飛行時間は12時間だけど5時間くらいは寝たんじゃないだろうか。
定刻通り現地時間15:10にアトランタ着
長い列を並び、入国審査が終わったのが16時くらい。税関通って、ようやく入国。
アトランタ空港はデルタ航空のハブ。ものすごいコンコースの数
コンコースBまで地下鉄みたいなものに乗って移動。
ようやく休憩できる。
野球雑誌(Sporting News)とキャメルで$10.17。タバコ高い!!!
スモーキングエリアで一息。

コンセントが用意されているPCスペースがあったので無線LANあるかも、と試してみるが使えず、残念。ヒューストン行きの時間まで30分ほど休憩。
で、17:20くらいにヒューストン行きのローカル機に乗車。せまい!
17:30動き出すが、いつまでたっても離陸しない。しまいには戻りだした。アナウンスによるとエンジントラブルらしい。
乗客が誰一人文句言い出さないとこみると結構よくある事態なのかな
結局18:40ごろ離陸。
1時間ほどでようやくヒューストン着。

で、初日のホテルは代理店で予約した、ラ・クインタってとこ。ちょっと場所の検討がつかないし、暗くなってきたのでタクシーに乗ることに。
運転手さんにアドレス渡して出発。
空港からフリーウェイに乗ってダウンタウンまで30分くらい。
あれ?ダウンタウンを素通り、もっと先らしい。かなり先まで走りまた郊外へ。
結局50分くらい走ってホテル着。
$50+チップ$5
フロントでチェックインしようとヒスパニックのおっさんにバウチャーを渡すと、なんと予約されていないという。
なにーーー!代理店(JTB)経由で予約したのでまさかそんなことはないと思ってたけどあるもんだなあ。バウチャーに書いてある緊急連絡先電話しても通じない。
しょうがないので、改めてお金を払ってそこに泊まることにする。

ホテルのとなりにあるガソリンスタンドにくっついてるコンビニでビールとポテチを買って部屋に戻り、ネットにつなごうとしたのだが、、、
ガーン!!!なんとプロバイダーのアカウントのパスワードメモってくるの忘れた・・・・・
あほすぎる、、、
妻に国際電話で聞こうかと思ったけどまあ大人気ないのでやめる。明日スタバでつなぐしかないな、、
しょうがないのでビール飲んでヤンキースVSドジャースを見る。今日はいろいろトラブル多くて疲れた。すぐに寝てしまう。ぐー。

2004年06月23日

バグウェル!!!


2日目レポートです
念願のアストロズ生観戦しましたよ!

いろいろあって疲れてビール半分も飲まないうちに眠る。
8時ごろ起床。
さてどうしようかと思ったのだが、次のホテルのチェックインまで時間があるので、地図上で近くにあるガレリアという商業地帯に行ってみることにする。事前に調べておいた「DART」なども近くにあるので好都合かな、と
フロントでガレリアは歩いていけるか?と聞いたら、絶対無理とゆわれて、強制的にタクシーを呼ばれる。
まあしょうがないので乗車。確かに絶対無理だった、、、
地図上の距離の感覚がまだうまくつかめてないなあ、


9時前にガレリア着。まだ閉まってる。しょうがないので近くにあったドライブスルーのスターバックスへ。ここでようやくネットにつながる。1時間ほどネットをチェック
その後近くを探索

ガレリアという巨大ショッピングモールを中心にしてビジネスビルやホテルがたくさん建っている。
ダウンタウンと並ぶ繁華街、というようなことがガイドブックには書いてあったような気がするけど、閑散としてるなあ、、、

広大な芝生の典型的なアメリカの公園

巨大な噴水。近くに行くと飛沫がかかって気持ちよかった
ということで11時くらいにもういちどガレリアモールへ潜入。

●ミッションその1.リサコに頼まれた服を買え!

ということで指定された「Abercrombie & Fitch」を無事モール内で発見

店に潜入。入り口にいたバービー人形のような若いころのキム・ゴードンのような姉ちゃんにプリントアウトしてきた紙を渡し、この服が欲しいんだが、さがして、と頼む
姉ちゃんは笑いながらオッケーと言い、ついて来いと言うので店の奥へ。
ここで待ってろと言われて待つ。待つ。待つ。
15分以上放置

店内は女子中高生で超混み。ポカンと立ち尽くす東洋人を不審そうにみつめる金髪女子たち
なかなかいいかんじのプレイでした
ようやく店員さんが戻ってきて、分厚いカタログを見せながら、これは現在在庫切れでこれによくにたこれならある、とかいろいろ服を持ってくる。よくわかんないのでよさげなやつをみつくろって買う
ということで無事買えました>リサコ
レジ打ちの兄ちゃんが全員マッチョタンクトップなのが笑えた。

アストロズショップでとりあえずキャップとTシャツを購入。トイレで速攻着替え

現地でたくさん買うだろうからTシャツは一枚ももってこなかったのだ

フードコートで昼ごはん

BBQチキンとライスとブロッコリーのディッシュなんだが頼みもしないのにでかいカステラ状のものをおまけでくれる。食えねえっての。あと間違えてコーラMサイズ頼んだら案の定巨大な物体が、、、
だからSだっつうの

モール内にスケートリンクが!すべってるのは子供だけでした。

●ミッションその2.iTunes Music Storeプリペイドカードを探せ!
今回絶対買おうと思ってた「iTunes Music Storeプリペイドカード」。これを使えば日本でも1曲$0.99で曲が買える!
詳しくはこのへん参照
で、売ってるのが「Target」という店のみ。
事前にヒューストンの「Target」の場所をプリントアウトしてきたので、そこを目指しガレリアから歩く。
1キロ強くらいの距離だったのでなんとかなると思ったんだけど、これが大失敗。
ダウンタウンならともかく郊外なので歩道はまったくなし、ビュンビュン走る車に気をつけながらアスファルトに照り返すテキサスの強烈な太陽光を浴びながらそんなにでかくはないながらもガラガラカートを引っ張りながら歩く20分はほんとにきつかった。

ようやく「Target」発見
徒歩で来る客というのはまったく想定してないんだな。
クタクタになりながら店内へ。涼しい!!!
おそらく挙動不審だったのか、ガードマンの親父がいきなり寄ってきて強い口調でなんか聞いてくる。
聞き取れなかったので、というか聞く気力がなかったので振り払って店内へ。おっかけてこなかったので良かった。
ということでちゃんと売ってたよ、プリペイドカード!

プリカを6枚、ついでにナップスターのプリカも1枚、スクールオブロックとサボテンブラザーズのDVD(いずれもリージョン1)を購入。
iTunesのプリカはレジで一枚ずつアクティベイトするのな。ものすごく時間がかかる。

ということでもうひとがんばり、今来た道をガレリアの方へ戻る
遠回りだが歩道のある道を発見したので帰りは幾分楽だ。

さて、ようやくやることやったのでダウンタウンへ出発しよう
近くのバス停で待ってると運良くダウンタウン行きのバスが来た。ついてる!
それに飛び乗ってダウンタウンへ。$1。
冷房効いててめちゃめちゃ気持ちい。地図を見ながら通りの名前を確認しながら30分くらいで。ダウンタウンに到着。

ついに対面。今回の旅行のメインの目的地、ヒューストンアストロズの本拠地「ミニットメイドパーク」だ!!

チケットカウンターでネットで予約しておいたチケット4枚を受け取る

無事チケット入手!

野球場から通りをはさんだ斜め向かいに建つ「Inn At Ballpark」。結構高かったがこのロケーションは最高すぎる。今日から4日間ここに泊まることになる
スムーズにチェックイン。

室内も広々。一人じゃもったいねえ。
さてプレイボールに備え1時間ほど仮眠

ということで試合開始1時間前になったので球場に向かう

エントランスは昔の鉄道駅をそのまま使用している。広々とした空間。

チケットもぎっていよいよ場内へ。
視界が一気に開けて、うわーーーーー!!!感動だ、、、、

ここは日本では見られない開閉式屋根つきスタジアム。
ドームではなくて箱状の建物で屋根がスライドして開閉するのね。
で、ここヒューストンでは屋根は雨対策でなくて、温度湿度対策
なんと冷房が効いてる。
選手もプレイしやすいだろうな、、、

おお、ボストンのジョニーデーモンと並んで大リーグを代表するロン毛、パイレーツのクレイグ・ウィルソンが目の前で練習してる!!

ネット裏のとてもいい席を予約したのでこれ以上ないくらい見やすい。
パイレーツVSアストロズ、ジェイソン・ケンドールの打席でプレイボール!!
アストロズ先発はレディング、パイレーツはフォッグ

場内の入りは8部くらいかな。でもやっぱりすごい盛り上がり

出たぁああ!バグウェルのガニ股打法。これが見たくてここに来たのよ!!

歌にもあるクラッカージャックを購入。キャラメルポップコーンなのな

つうことでレディングが4回でKOされたのにもかかわらず試合はアストロズの勝利で終了
満塁で走者一掃のバークマンの2ベースが最高でした

試合の詳細はこちら


試合終了後の床はピーナッツの殻が散乱
掃除がたいへんだろうなあ


ホテルに戻って風呂入って寝る
いやあ野球最高!!!

2004年06月24日

ビルケンシュトック!!

6/22
前日野球が終わって風呂入ってすぐに寝た
やっぱ疲れてたんだろう


9時過ぎに起床。スタバまでのんびり歩く。今日は曇っていて今にも雨が降りそうだ。でも過ごしやすいかと言えばそうではなく湿度が高くてじっとりしてる


古いビルの非常階段


ダウンタウンの摩天楼。完全なるオフィス街。ほとんどが石油関係。


教会がとても多い。至る所にあるよ


ちょっと古めのビル。モルガンってことは石油か

スタバで前日の日記を書いたりメッセンジャーやったりして2時間ほど過ごす。
さて今日は

●ミッション3 ビルケンシュトックで靴を買え!

ヨメのリクエストで日本には輸入されていないビルケンのトレッキングシューズを探しに。
あらかじめショップの場所は検索済み。地図上で場所はわかるのだがどうやって行けばいいのか皆目見当つかず。もちろんタクシーつかまえてアドレス言えば速攻で行けるのだが、それをやっちゃおもしろくない。ていうか金もったいない。
ということで市内交通システムをチェック。
ヒューストンは基本的にバス。あとダウンタウンにLRT(低床型路面電車)が走ってる

メインストリートの中心にLRTが。いわゆるトランジットモールってやつだな。
歩き回ってメトロ(ヒューストン市内交通システムの総称)の案内所を発見。
おばちゃんに行き方を教えてもらい、タイムテーブルもごっそりもらってくる

ということで待望のLRTに乗車して郊外へ

ダウンタウンからLRTで15分くらい行くと、TMC(Texas Medical Center)と呼ばれる地帯へ。
広大な敷地に20以上の病院と学校が密集しているすごいところ
写真では伝わりにくいけどほんとすごい。ERの舞台はこういうところなのかな。

で、TMCトランジットセンターと呼ばれる乗換駅に到着。ここから各方面のバスに乗り換えることができる、いわゆるハブですね。すごく合理的。
ちなみに料金は$1で3時間有効、$2で一日有効のカードを購入。どこまで行ってもこれでオッケーという明快なシステムです。

連接型のバスに乗車。うわ!雨がすげえ降ってきた。豪雨。

連接部分に椅子が設置してある。これはびっくり。

ということで該当の住所でバスを下車。道路沿いにあるおなじみの店舗郡。

はい!ビルケン見つけました!!

こじんまりとした店内。お姉ちゃんに欲しいタイプの靴をメモった紙を渡す。倉庫で探してくれる。
と、残念ながらこのサイズはないと言う。
しょうがないのであきらめて帰ろうとすると、店主と思しきおばちゃんが出てきて
「ヒューストンにはいつまでいるんだ?」と聞いてくるので「あと3日います」と告げると
「OK!じゃあそれまでにテキサス中の店と倉庫を探して見つけておくわ。あさってもう一度いらっしゃい」と言われる。おお!まじっすか?!
ということでホテルの名前と部屋番号を伝えてあさってもう一度行くことに。

おなかがへってきたし雨もやまないので近くのチャイニーズレストランへ駆け込む。

前にアメリカ旅したときにわかったこと。「アメリカで食事に期待するな!ただし中華はのぞく」
今回もその教訓は生きてました

ビュッフェスタイルの店内では100を超える(メニューにはそう謳ってあったがほんとに100以上ありそう)料理を取り放題!
試したのはチキンとか酢豚とかすしとか生春巻きとか餃子です。どれもうまい!!!

調子のって3皿目に。カニがすごい!殻をバリバリ割ってすする。隣のテーブルでは山盛りのカニをひたすら食らう黒人家族も。これだけで元取ったかんじ。
食後のコーヒーもいただいて$8弱。安い!!!
つうことで大満足。あさってビルケンに行った時もまた入ろう!


バス停の標識。シンプルに行き先が表示されている

雨宿りもできるよ。
で、次にどこ行こうかなと思ったけど、試合までそんなに時間がないので近くのMusium District(博物館地帯)へ。

また教会だよ

彫刻の森公園が、、

ということで現代美術館へ入ってみることにしました
ものすごいミニマムなデザインの建物

入り口がわかんなかった。細いスリット状のところが入り口。こりゃデブは入れない。
入場料は無料。ビデオインスタレーションの特集をやっていた。
知っている名前はなかったが、なかなか楽しめる作品が多かった。

ということでホテルに戻る
写真はイチゴ味のミルク。ゲロ甘。

ミニットメイドパークの外周を一周してみる。ほんとにでかい。

街中至る所にオールスターゲームの旗が。
そう、今年のMLBオールスターゲームはここで行われるのだ。行きたい!!

この球場ではアストロズの選手がホームランを打つと汽車が走るのが有名。
その汽車が外からも見える。

本日もネット裏。最前列はおそらくシーズンチケットなので、それをのぞけば最高の席。
ちなみに$40。高いけど法外ではない。

クレメンスのTシャツを着たねえちゃん
とにかくクレメンスの人気はすごい!

入り口でもらった「K」と書いた紙。三振に打ち取ったらこれをみんなでかかげるのだ!
そしてピーナッツ。しょっぱい!

つうことで本日もアストロズは完勝。オズワルドがびっちり締めました。
エンズバーグとバグウェルの三塁打も燃えた!

MLB.COMを見るとアストロズがクローザーのドーテルを出してロイヤルズのベルトランを取ろうとしてるらしい。うーん、どうだろう。ベルトランが加わるのは魅力だがブルペンがかなり手薄に。
あとベルトランはセンターなので、ビジオをセカンドに戻してケントをサードにコンバートするらしい。するとエンズバーグが浮いてしまう。うむー。

ビールも飲まずに寝る。

Deep in the Heart of Texas


6/23
ふと目が覚めると10:50
うわー、寝坊した、、、、

あわてて着替えてスタバへ出発
しかし歩き出すと体中が痛い。うう、日ごろの引きこもり生活がたたり、はやくも体力の限界か。
スタバでネットつなごうとするもログインできず。なんでだあ!
考えられる原因としてはきのうスタバできちんとログアウトしなかったからか、いやでもわかんないや。
完全にやる気をなくしスタバを出る。本屋で少し立ち読みしてたら便意が
あわててトイレをさがすも見つからず。昼時ですごく混んでる。死ぬ思いでさがす。店員に聞いてようやくみつける。
個室で無事用を足す。ちょっと長いウンコだったのだが、トイレの外でなんか若者が騒いでる。ダーン!とかバーンとか音がする。ふざけてるだけだと思うけど怖い。
ようやくすっきりしてトイレを出る。なんかのキャンペーンでアストロズのカレンダーを配ってる。もらう。うれしい。

ホテルに戻って部屋にきてるイーサにつないでネット接続。一日10ドルもとりやがるからできれば使いたくなかったんだが、、、日記更新
そのあと昼寝。3時ごろまで寝てしまう。

さて、おなかもすいたのどっかおもろいとこないかなあとネットで検索
ダウンタウンのはずれに水族館があるらしいのを見つけてそこへ行くことに。
バスに乗って近くまで。

ダウンタウンの外れを流れる川。茶色い。

ハードロックカフェと変な形のビル

ぽつんと立ってる水族館。ラブホテルみたいだ。

ちっちゃな遊園地が併設されている。

7ドル払ってさっそく入場。なんだがテーマパークのアトラクションのような内装だ。
完全に子供向けなのな。

くらげはきれいだ。プカプカ。

大きな水槽。鮫が泳いでる。

カブトガニ。触れる。
小さいながらも展示は結構おもしろかった。30分ぐらいですべて見終わる。

場内にある巨大な水槽があるレストランで食事

カニ、牡蠣、海老、白身魚のフライのプレート。ちょっと高かったけどかなりうまかった。
ということで食事は終了。
今日も雨。というか土砂降り。ホテルまでいったん戻る。

ホテルで着替えてボールパークへ。今日は試合開始1時間前に行ってみた。

本日はライト側外野席。練習をゆっくり見物。バッティング練習で頻繁に飛んでくるホームランボールをみんなで奪い合い。これはこれですごくおもしろい。取れなかったけど、、

至近距離から見る外野の芝生。うん、美しい。

レフト側には立見席がある。ここは8ドルで入れる。人が鈴なり。

今日は先着1万名の子供にペティットのTシャツがくばられるイベントがあった。すごく欲しくかったがやっぱりくれなかった。
本来なら今日はペティットの先発なんだが残念ながら負傷中のため出場できず。
アストロズはムンロー、パイレーツはボーゲルソンのどちらもローテーションの谷間的投手が先発。

不細工なマスコットが盛り上げる。

グラウンドに手の届くような場所なのがとてもうれしい。ホームランボール飛んでこないかなあ、、、

レフトの守備につくのは、、またおまえか!クレイグ・ウィルソン!

屋根つきなのにどうして開放感があるんだろう。東京ドームのような密室間はまったくない。

巨大な空調ダクト。場内はとても涼しい。というか寒いくらい。
一度は屋根開けた状態も見てみたいなあ、、、たぶんデーゲームだけなんだろう。
7回表終了後にある7イニングストレッチ。「Take me out to the Ballgame」という歌をみんなで歌うんだけど、そのあとここでは「Deep in the Heart of Texas」って歌がかかる。こっちの曲のほうが盛り上がる。試合開始前の国歌よりも盛り上がる。テキサスは地元愛がものすごく強い印象。

さて試合のほうだが、本日アストロズはビスカイーノの3塁打以外まったくいいところなし。2安打に押さえ込まれました。
対するパイレーツは打線が好調。7回にはジェイソン・ケンドールの満塁ホームランで試合を決めちゃいました。
よって客席の雰囲気も最悪、ていうかみんな帰る帰る

マスコット君が必死で盛り上げようとするも、はしゃぐのは子供だけ。

今日はチーズバーガーを食べてみました。ケチャップとマスタードがセルフサービスなのに気付かず、味付けなしで食べました。でも肉肉しててうまかった

ということでいいところなく7 VS 2で試合終了。まあ明日があるさ。

相変わらずものすごいことになってる試合後の客席。掃除の人たいへんだ。

せっかくなので場内をゆっくり観察。センター後方に食事しながら試合を見れるすばらしい席を発見。ここはどうやって予約するのかなあ、、、

アストロズ側ブルペン。

ということで3日目終了
さて、いよいよ明日は今回の旅のメインイベント、ロケットことロジャー・クレメンスの先発だ!
楽しみ!楽しみ!

2004年07月06日

クレメンス>帰国


あいだあいちゃってすみません
アメリカ最終日の報告です

9時半起床。朝ごはんはホテルですませて、今日はミニットメイドパークの見学ツアーに参加することに。
売店に行ってチケット($7)を購入して集合時間に集合
案内のお姉ちゃんに引率されていざ球場内へ。

照明も押さえ気味の球場内。もう入るのは4回目なんだけどなぜかどきどき

エレベーターで2階にあがり「スイートレベル」の見学。お金をたくさんはらわないと入ることのできないいわばVIPルーム観覧席

個室の窓から優雅に野球を眺めることができるのだ。室内はソファーやバーも完備。すげー。

そこから見る眺めはほんとにすばらしかった。やっぱ世の中金や

次は実況中継を行う放送室へ。以外に簡素な部屋でした

そして地下にもぐると、年間シート購入者のみが足を踏み入れることができる「ダイヤモンドクラブ」
こんなところがあったんだ、、、ほんとなんちゅうか階級構造ちゅうかいやらしいね。入り口も違うのだ。

どうしても予約できなかったバックネット裏最前席はここからしか入れなかったのだ。ちくしょう!

そしていよいよ、フィールド内に足を踏み入れるときが来た。超ワクワク。

アストロズベンチ内へ

至福の瞬間

天然芝はきれいだった。
ということで40分ほどでツアーは終了。楽しかった。

外は大雨。LRTに乗ってビルケンシュトックの靴を取りに一昨日行った店へ

LRT運転台

TMC(Texas Medical Center)案内図

靴は無事購入できた。
おなかがへったのでこの前入ったチャイニーズバイキングに迷わず入店

本日も3皿堪能。うめー

この車両はほんとかっこいいなあ、
ついでなので終点まで乗ってみることに

ミニッツメイドパークができる前までのアストロズのホーム球場「アストロドーム」
世界最初のドーム球場で当時は「世界第8の奇跡(8th wonder)」って呼ばれてたらしい
現在は展示会などの会場として使用
となりにはNFLテキサンズのホームアリーナもあった

ということでダウンタウンに戻る
雨は止まない

さて、今日は試合も4日目
今回の旅行のハイライト、クレメンスの登板日だ。
試合開始一時間前に球場へ

レフトスタンドに設置されているホームランポンプ

この球場でホームランが出ると数字がひとつづつ上がっていく

アストロズの選手をオールスターに投票しよう!!

今日の席は少し後ろだが、ピッチャーマウンドの正面

クレメンスがアナウンスされるや場内総立ち拍手の嵐
やっぱりすごい人気だ

クレメンス様の雄姿。デジカメズームの限界

なんつうかやっぱりオーラが違う
40過ぎても速球主体で三振を取りに行くピッチングスタイルはやっぱりかっこいい
三振は少なかったけど7回を投げて2失点で10勝目をあげました
すばらしい!

ということでさよならミニットメイドパーク。必ずまた来るからね

さて、明日からデトロイト、ホテルの部屋で情報収集にいそしんでいると、めったに話しかけてこない弟からメッセンジャーが
「なにしとんのや!電話もつながらんし!」
「え?」と返すと
「おじいちゃんが亡くなった、通夜が日曜、告別式が月曜」
とのこと、、、
うわああ!!
まあ、そろそろとは言われていたので覚悟はできていたのだが、もうちょっと持つとはいわれていたので驚いた。
とりあえず弟に事情を話しなんとか明日帰国できないかがんばってみることに

そこからいろいろ苦労した
とりあえず各航空会社検索して明日の便のオンライン予約を試す
ヒューストンからはコンチネンタル航空が成田直行便出てるのでそれがベスト
なんとか空席もありそうだ。しかし!ネットで予約ができない。チケットを郵送しか選択肢がない。そんなはずはない、空港でも受け取れるはずだろ、普通、と思うもどうしてもだめ
しょうがないのでコンチネンタルのコールセンターに電話
自動応答に答えて予約デスクにまわされるも、「ただいま混雑して・・・・しばらくお待ちください」のテープが流れるのみ。3分たってもオペレーターでないので切る。
しょうがないので最終手段。さいわい今は日本が昼なのでコンチネンタルの日本法人へ国際電話
よかった無事予約できた。
片道正規料金なのでかなり高かったが背に腹は変えられない
ごめんなさい仕事でどうしても無理、とデトロイトに行ってしまおうかな、ともチラリと考えたがやっぱり祖父の葬式ばっくれて行っても全く楽しめないだろう。
すべての準備完了したのが午前2時。飛行機は10時半発なので荷造りしてから少し眠る

8時にモーニングコールで起床
外は雷雨。すげえ、台風みたいだ。
チェックアウトをしてタクシーを呼んでもらい空港へ。

よかった。間に合いそうだ。
無事搭乗し、席に座って靴脱いでくつろいでいたところ、別の日本人が「すいません」とチケットを見せてくる。
なんと僕の席と同じ番号。ダブルブッキングだ
すぐに客室乗務員があらわれ、「田口様、ちょっと荷物をもってこちらへおいでください。お話しが」とゆわれる。げー、、もしかして放り出されるのかーーーーー
激しく不安に思いながら荷物をもって通路へ。
「お客様たいへんもうしわけございません。手違いがありまして、お客様は正規料金でございますのでビジネスクラスにアップグレードさせていただきたいのですが」
うひゃー!!!生まれてはじめてのビジネスクラス。断る理由は何も無いので承知する。


うーん。やっぱりすごい。椅子がもうぜんぜん違う。広いし柔らかいし倒れるし。
奴隷船であるエコノミークラスとはもう天国と地獄。やばい、これ一回乗っちゃうともうエコノミー乗れねえよ
といってもビジネスクラスに普通に乗ろうとすると冗談かと思うような高い料金取られちゃうので乗ろうと思っても乗れるわけもないのだが。
コンチネンタル航空ビジネスファーストクラス

フルコース!!!!
「ワインはいかがいたしましょうか」ゆわれたけどわけわかんないので水にしといた

メインの肉料理。なんだかわかんねえけどうまい
食事も終わってジントニックを作ってもらっていい気分で座席倒して寝る。
わかった!これはおじいちゃんが気を利かせたんだな。「和裕、わざわざアメリカから悪いな」って
見栄っ張りのおじいちゃんらしいや。ありがとう。

ちょっと小腹が減ったと思ったらサンドイッチが。もう至れり尽くせり。

ということでおそらく最初で最後のビジネスクラスでのフライトがあっという間に終了
飛行機乗るといつも「早く着かないかな」なんだけど、「もう着いちゃうの?もっと乗りたいなあ」と思ったのは生まれてはじめて。

ということで無事土曜日お昼に成田到着
こんかいはこんなことになっちゃったけどまあしょうがない。来年も絶対行こう!